芸者と半玉 --ドレスコードから知る半玉と芸者の違い

芸者と言われて思い浮かべるのは京都の芸舞妓。
芸者も同じ格好をしているの?いいえ。そうではありません。

芸者の髪型は島田。丸みを出さず、全体的にすっきりと粋な結い方になります。簪や櫛も半玉に比べ、シンプルなものに。お姐さん芸者は髷も低くなり、つぶし島田という結い方になります。

半玉は桃割れ。明治以降、少女の髪型の定番として結われてきた髪型です。全体に丸く可愛らしい雰囲気の結い方。凝った細工の季節の花簪を挿します。

昔は半玉の事を赤衿と呼んだくらいで赤い半衿が基本です。街により違いがありますが、大井ではキャリアを積むと桃色など淡いお色に変わります。

芸妓さんはお太鼓や角だしに結ばれることが多いようですが、芸者は柳結びと呼ばれる結び方です。腰の上で柳の枝のようにゆらゆらと揺れる帯は艶っぽく、粋。

帯

半玉は舞妓さんとは違い裾は引き摺りません。帯は後見結び(こうけんむすび)という折り鶴のような形の帯結びをします。

後丸の下駄

半玉、芸者ともに履物は後丸の下駄です。おめでたいお席では丹頂と呼ばれる白い鼻緒に赤いツボがきまりですが、それ以外のお席では台の塗りや鼻緒に絶対的な決まりはなく、各人の好みで選ばれます。